ショップをハッピーに。
店舗業務を効率化する支援を行います。

  • DOWNLOAD
  • CONTACT

防犯システム(コンビニエンスストア)

お客様からの要望

  • できるだけ費用を抑えて、高性能なカメラを導入したい
  • お店の管理が出来るよう、死角のないカメラ配置にしたい

ダイワハイテックスの提案

 
既存店では完全に死角となっていたウォークイン内にも設置


■低コスト高性能な200万画素AHDカメラシステム
■カメラ16台を1台のレコーダーとモニターで管理
■見たい場所を確実に映しつつ、限りなく死角が少ないカメラ配置
■提案から施工・アフターフォローまで当社社員が丁寧に対応

 
DETAIL      

製品導入成果

推奨業者よりもかなり安く導入することができた

売り場、バック、駐車場すべてをほぼ死角なく撮影できている

モニターで見る映像が飛躍的に鮮明になった

価格に満足、性能は期待以上  


お話しを伺った方
オーナー様

         

 2号店開店のタイミングで防犯カメラの見積を依頼しました。母店ではTAPE-SHOTmini(製品詳細はこちら)でお世話になっていますが、メンテナンスに寄って頂いた際に防犯カメラもやっていることを聞いていたので、今回、具体的に話を聞いてみようと思いました。
推奨業者との相見積もりの結果、価格と性能の両面で勝っていたダイワハイテックスに頼むことに決めました。 

実際に設置してもらって、初めて映像を見たときには驚きました。この映像の綺麗さ、滑らかさは期待以上のものです。私だけでなく、店に来てくださった他のオーナーさんや警察の方も皆驚いてますよ。

VOICE

 
 
防犯カメラが犯罪の抑止になり
売り場の状況把握にも繋がる
 
       

 営業の宮井さんから、ウォークインへの設置と各レジは真上と斜め後ろの2台体制にする提案をいただきました。

 ウォークインの中は完全に死角になります。なので、内引きが起こりやすい場所だとは思っていました。従業員を疑うわけではないのですが、カメラを設置することで疑う必要などない環境を作り、抑止することは重要だと思い設置することにしました。

 母店ではひとつのレジにつき1台のカメラなので、顔は映るのですが手元はあまり見えない状況です。しかし、今回は顔を映すカメラと手元を映すカメラを分けて2台体制としたことで、金種も枚数も見間違いようがないほど鮮明に映るようになりました。

 また、各レジにはカメラだけでなく、集音マイクも設置しました。言った言わないのトラブルが起こった際の解決に役立つと思って設置しましたが、思いのほか日常の店舗運営に役立っています。
 例えば、新人さんの接客対応を気にかけることもできますし、レジの混み具合などにもすぐ気付けますからね。モニターとスピーカー越しに目と耳で売り場の状況が把握ができます。何かトラブルが起きているようであればすぐに駆けつけることができますし、接客時の声の大きさが十分に出ているかなど従業員の働きを見るツールとしても活躍しています。

 

▲ウォークインの映像

▲各カメラ映像。上段1列がレジ周辺


導入して終わりではない
営業スタイルに安心できます
 


▲記録の確認をする
当社営業担当宮井
   

 母店での経験上、推奨業者の場合は営業と施工は別会社ですし、施工会社とは直接連絡を取ることはありません。その上、店舗から問い合わせない限りは営業担当者から連絡もなければ顔を合わすこともありません。
 一方、ダイワハイテックスでは、営業担当者が施工も行っていました。「営業なのに作業着を着て施工もやるんだ。」と思って驚きましたね。何度も顔を合わせて話したことのある人にやっていただけた方が信頼できますし、その後、こちらから連絡をしなくとも店舗に足を運んでくれる、この営業スタイルに安心しています。
 

 防犯カメラはコンビニにおいて必須の設備で、使わざるおえない経費です。しかし必要経費とはいえ、できるだけ安く良い物が欲しいと誰しもが思います。「だまされた」と思って導入してみてください。機器の性能も顧客との関わり方も間違いなく良いです!

DATA


セブンイレブン F店 様

2017年2月末に新規オープンしたオーナー様の2号店。
オフィス街にありながら、高速道路の入り口に構える立地により、
平日と休日とで客層が変わる。平日には会社員・土日にはレジャーへ向かう家族が主。
TOP > 導入事例 > 防犯システム(コンビニエンスストア)