ショップをハッピーに。
店舗業務を効率化する支援を行います。

  • DOWNLOAD
  • CONTACT

テープショットMAGA(雑誌注力書店)

お客様の課題

  • 雑誌の入荷量によっては品出し作業が追い付かず、スタッフにシフトを超過してもらうことがある
  • コミックの他に雑誌の一部もシュリンクしていたが、機械の待ち時間が多く効率が悪い

ダイワハイテックスの提案

dvd_img01new.jpg  
 テープショットMAGA

たった2秒で雑誌の付録止めが出来ちゃう自動テープ留め機!

 

■紐かけに比べ、雑誌を陳列するまでの時間が1/10に!

■誰でも使える簡単操作!仕上がり、作業時間に差が出ません。

■スイッチオンですぐに使用できます。待ち時間ゼロ!

■短縮した時間で、他の作業に時間が割けます!

 
DETAIL      

製品導入成果

case08_01.png

 

 

紐掛けしていたコミック誌がほぼテープ留めになり時間短縮できた!

MAGAと他の包装形態を同時並行で個人の作業効率UP&時間短縮ができた!

1人あたり120冊/1時間が、MAGA1台あたり360冊/1時間に単位時間当たりの処理能力UP!

 

 

VOICE




紀伊國屋書店さいたま新都心店
 
saitama_02.png 【お話を伺った方】
紀伊國屋書店さいたま新都心店
店長 古矢様
    
 埼玉県大宮区と中央区にまたがって開発が進んでいる
“さいたま新都心“。
 週末には著者やア
ーティストとのイベントも行っており、地域の方のみならず遠方からも訪れる人が多い。




saitama_03.jpg
▲店頭入口の新刊台には、雑誌が山積み。
MAGAの青テープも活躍!

シフトを超えてまで
作業せざるを得ない環境を問題視

 書店さいたま新都心店は大型商業施設COCOON(コクーン)1Fに位置し、650坪の売り場面積をもつ店舗です。
 1ヶ月間で雑誌の累計販売冊数が1万4千冊を超える当店では、13時ごろから16時にかけて、各書籍・雑誌の荷解きや包装など陳列準備の作業を行います。

 雑誌の作業スタッフは3名おり、雑誌の発売日が集中して入荷量の多い日には、シフトの時間を超えてまで作業してもらうこともしばしばあり、この作業時間の長さを問題視していました。



  多種類の包装作業と同時並行
1種類がテープ留めに変わり時間短縮に  





saitama_04.jpg
 ▲雑誌の包装へのこだわりが導入後にも
  伝わってくる  


case08_06.png
 ▲入荷したての雑誌をテープ留め
 
 当店では雑誌の特性によって包装する手段を、紐がけ・ゴムがけ・シュリンクの3種類から適宜選んで行っています。

紙面を読まれては困るコミック雑誌は、簡単に読めないように紐がけかシュリンク。女性誌はゴムかけを主にし、付録が大きめの場合には紐がけを選択していました。

紐がけやゴムがけはどれだけ手馴れたスタッフでも30秒はかかってしまいます。さらに雑誌のシュリンクは、コミックのシュリンクが完了した後になり、シュリンカーが空くのを待つしかありませんでした。

シュリンカー待ち時間をどうにかできないか悩んでいた時に、当店を担当しているお客様相談係りからテープショットMAGAの案内をいただきました。すでにコンビニでも見かけたことがあったので、見栄えはすぐに想像がつきましたね。

実物を作業スタッフ達に試用してもらったところ、簡単に扱えることと作業時間の短縮が見込めたため導入を決めました。1回コツをつかめば問題なく使いこなせるようになり、すぐにスタッフ間で留める箇所のルールができました。

これまでシュリンクをしていたコミック雑誌がテープ留めに切り替わったことで、シュリンカーを使用することが減り、現行の紐がけ・ゴムがけと並行して作業ができるようになりました。1箱のコミック雑誌を作業した場合には、半分以下の時間で終わるほど変わりましたね。

今後入荷冊数を増やしたとしても、他者への指示がしやすいため安心しています。


     テープショットMAGAの導入に悩んでいる書店様へ

 一人のスタッフが複数の業務を掛け持つことが多い店舗では、導入効果が見込めると思います。
テープショットMAGAは小型なので、カウンター内に置けばお客様対応の隙間時間を有効的に活用できると思います。

DATA

株式会社紀伊國屋書店 様
 

紀伊國屋書店では、売上額をはじめとして紀伊國屋書店に貢献いただいた著者・出版社を表彰する「紀伊國屋書店ベストセラー大賞」、紀伊國屋書店のスタッフが自信を持っておすすめする30冊の本を選ぶ「キノベス!」、そして読者の皆様とともに優れた人文書を選ぶ「紀伊國屋じんぶん大賞」を制定し、毎年、表彰しています。(企業HPより)

 

 
 







 

導入店舗:株式会社紀伊國屋書店 さいたま新都心店


◆株式会社紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/c/company/
◆さいたま新都心店 https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Saitama-Shin-Toshin-Store/
◆さいたま新都心店twitter @Kino_Saitama

 

TOP > 導入事例 > テープショットMAGA(雑誌注力書店)